コンデンスリッチ豊胸で豊かなバストを手に入れました

自助努力だけではどうにもならないと悟った

自助努力だけではどうにもならないと悟った / 豊かなバストを手に入れることに成功 / クリニックの居心地の良さにびっくり

何らかの手術方法で豊胸を目指すことに興味を持ち始めたのは高校生の頃でした。
自身の発育の悪さは中学生の頃から自覚していたのですが、高校生になれば流石にバストサイズも今より大きくなるだろうといった漠然として希望を持っていて、ただ実際に高校生になってみると中学時代とほぼサイズが変わらなかったことに嫌気がさしていたからです。
いじめとまでは言いませんが中学高校と胸のことで男子にからかわれることがあり、しかも女子からも胸のコンプレックスを悪気無く弄られるといったことが度々あったので、記憶を辿ると何年間も貧相なバストが原因で嫌な気分を味わってきた学生時代だったと言えるでしょう。
だからこそ学生時代は牛乳やキャベツといった胸の発育に効くとされている食料品を大量に摂取する、お金をかけずに行える大胸筋を鍛える運動を定期的に実施する、早寝早起きで女性ホルモンの分泌を促すための努力をするなどといった貧乳対策をとっていました。
バストサイズが90を超える友達から生活リズムを聞き出して、同じような生活を送るなどといった対処もしたことがあります。
しかし本当に残念なことに私の胸は小さいままで、自助努力だけではもうどうにもならないと悟ったため豊胸へと興味が向かったことを鮮明に記憶しています。